<< 価格変更 | main | 小田急1800系 >>

宮沢C58

0

     

    わりと初期の宮沢製C58です。

    多少の痛みはありますが、パーツの欠けもなく

    たしか4,000円台の価格で買えました。

     

     

    この時代のヘッドライトは点灯式ですが

    位置が低いので独特の風貌です。

     

     

    形態より点灯することが優先されたのでしょうね。

    ちなみにランボード付近の白い「汚れ」は、

    どうやらランボード縁の白線らしいです。

    tetumo16 * 模型の話題 * 06:27 * comments(3) * -

    コメント

    宮沢のC58は多分一番多く製造販売された16番国鉄蒸機ではないでしょうか?デパートのショーケースで見た時の価格は3750円だった
    と思います。写真の個体は状態も良くこれが当時とほぼ同じ価格で今も入手可能なのはベストセラーの証明だと思います。
    Comment by D6025 @ 2017/07/28 7:41 AM
    宮沢のC58は、なじみの多い模型だと思います。
    ディテールは置いといて、雰囲気は良く出ていると思いますし、当時の450Rレールでのお座敷運転でもよく走り、ギアーがなめるまで走らせたものですね!

    私が最初に買ったのも初期製品と思ってましたが、まだその前の製品が有るのが判りました。
    この製品は、ちょっと見かけませんね。
    Comment by ひからび @ 2017/07/28 10:17 AM
    宮沢C58は人気者のようですね。
    安い価格と、どこでも買えたというのはありがたいです。
    写真の品は5年くらい前、天賞堂のジャンク市で買ったもので
    さすがにこの値段では買えないと思います。

    本当の初期製品は、テンダー台車がアーチバーのようなものを
    使っているようです。
    最後期の品はキャブ後部妻板が、きとんと密閉型になっている
    のが特徴ですが、この時代のものはディテール加工も楽しめそうです。
    Comment by 管理人 @ 2017/07/29 9:00 AM
    コメントする









    このページの先頭へ