<< サイドロッド | main | ダイヤモンドシリーズの箱 >>

リターンクランク

0

     

    カツミ製シュパーブラインでよく使われた

    リターンクランクです。

     

     

    実物同様の構成というのは嬉しいのですが

    固定用ネジを締めすぎると、ネジ穴がバカになる可能性が高く

    なかなか扱いは厄介です。

     

    そうは言え、時代を語る上ではなくてはならないパーツです。

    tetumo16 * 模型の話題 * 07:21 * comments(4) * -

    コメント

    このリターンクランク、ロッドの調整するとき重宝しますね。
    今の固着するタイプだと、外す時面倒。

    最後の引越しで行方不明。
    何処かであれば、代行お願いします。

    小さいネジは、馬鹿になったり頭がマイナスだと割れてしまうことが多いですね。
    頭がプラスとマイナス両方いけるビスに代えるのですが、やはり頭がでかい。
    上手くいきませんね。
    Comment by ひからび @ 2017/08/13 10:17 AM

    形態はともかく、ハンダ付けの方が、しっかり固定できる
    という利点は大きいと思います。

    どこかで見かけたら確保しますが、今まで見たことがない
    です。
    Comment by 管理人 @ 2017/08/14 6:29 AM
    ネジ止で分解時の扱いは良いのですが、真鍮材なのでネジがバカに
    なりやすく結局は半田固定するはめになります。初期のカツミ製C51やC58に使われていた重ねネジ?のクランクピンの方が良いと思うのです。C51・C58への採用でけで以後発売の形式は何故かこのタイプに変更されました。変更の理由をご存知ありませんか?
    Comment by D6025 @ 2017/08/14 8:37 PM
    残念ですが、詳しい経緯はわかりません。
    たしかアダチの廉価版も、上からのネジで固定する方式
    だったような気がしますが、結局実物を意識したものの方が
    受けが良かったのだと思います。
    Comment by 管理人 @ 2017/08/15 6:27 AM
    コメントする









    このページの先頭へ