<< ダイヤモンドシリーズの箱 | main | 近江鉄道色 >>

ナカセイC11

0

     

    中村精密C11の従台車です。

    一見、なんともないようですが、よく見ると

    軸箱の傾斜が上下逆になっています。

     

     

    横側から見るとわかりますでしょうか。

     

     

    間違いに気が付き、その後、傾斜は正しく修正されていますが

    他にはない特徴?です。

    tetumo16 * 模型の話題 * 06:23 * comments(6) * -

    コメント

    これは気が付きませんでした!
    点検します。
    Comment by ひからび @ 2017/08/15 9:47 AM
    比較的初期の製品に多いようです。ぜひご確認ください。
    Comment by 管理人 @ 2017/08/16 6:16 AM
    点検結果、家に有る従台車はすべて正常でした。

    昔、下回りだけ分配してもらって、エッチング板組立のC10に使ってますが、従台車より第2-3動輪のホイルベースがC10の方が100ミリ長いんですよね。
    それがちょっと気になって来てます。
    Comment by ひからび @ 2017/08/25 10:09 AM
    ホイールベースの件は知りませんでした。

    手持ちのC10エッチング板では
    とりあえず確保してあるトビー製下回りを使う形に
    なりそうです。
    Comment by 管理人 @ 2017/08/25 9:48 PM
    トビーの下回りだけあるのですか。
    完成品もなかなか見ないので、一寸入手が。


    このホイルベースの違いで、ナカセイはC10を出さなかった感じがしますが、そこまで拘るのなら、あのφ20の動輪は何だったんでしょうね。
    Comment by ひからび @ 2017/08/26 8:35 AM
    あの大きな動輪は、何かの流用でしょうか。
    その後、再生産の際は、スケールに近いサイズの動輪を
    使っていて、手持ちもう1両のC11では感じが良いです。
    Comment by 管理人 @ 2017/08/27 6:57 AM
    コメントする









    このページの先頭へ