<< 夕暮れですが… | main | 珊瑚ED11 >>

オオタ理工社

0

    今回も煙室扉ではありますが…。
    品物はニワ製ではなく、カツミ製C62用パーツです。

    袋に貼ってある値札に注目。「OOTA」と読めます。



    そう、四国は高松にあったオオタ理工社です。
    まったく訪れたことのないお店ですが、それなりに品物が
    充実していたお店のようです。すでに閉店したとか。

    なぜこんなものがあるかというと、以前天賞堂で
    大量出品があった際、入手したものです。
    出品者の方が四国在住だったとかお聞きしました。

    あちらこちらから、お店が無くなったという話を聞くこの頃です。
     
    tetumo16 * 模型の話題 * 06:24 * comments(6) * -

    コメント

    昔高松にありました、そのオオタ理工社の娘です。父の店の部品値札をみて、懐かしくなり書いております。お買い上げ、ありがとうございました。戦後の物も少ない頃、子供の夢を叶えたいという父の希望で私が3歳の時(1950年)の2月11日、建国記念日に親戚の土間を借りて店を始め、38年間経営してましたが、父が胃癌になって、1988年の2且11日、建国記念日に閉じました。多くの方に支えられ、沢山の方に御世話になり、こうして店の名前を覚えている方が今もいられるのを知って、とても嬉しいです。ありがとうございます。
    Comment by Noriko Ota LaMar @ 2017/05/30 3:31 PM
    お話を伺って感動いたしました。
    今までは買うだけの立場ということで、
    私自身は、あまりお店の経緯等、話題になることはありませんでしたが、こうしてお聞きすると、お店が無くなるというのはいろいろな事情があることがわかります。
    閉店されたのは残念ですが、今回入手した部品より
    値札に注目したのも、何かの縁かもしれません。
    長く手元に置いておきたいと思います。

    ありがとうございました。
    Comment by 管理人 @ 2017/05/30 8:29 PM
    なつかしいですね。
    私も高校までうどん県に住んでいましたので、オオタ理工社さんにはお世話になりました。
    つぼみの森林タンクやカツミの初代7100のキットを購入させていただいたり、県営グランドでの高校野球予選の応援を抜け出して部品を買いにお店にお邪魔したりしていました。
    また、問屋さんもされていましたので、地元の模型店兼文具店さんで4年間ほど鉄道模型趣味を受け取れるように便宜も図っていただきました。
    ありがとうございました。
    Comment by railtruck @ 2017/06/03 5:51 PM
    オオタ理工社さんにはファンも多かったようですね。
    その他にもエピソードがありましたら、ぜひお知らせ下さい。
    Comment by 管理人 @ 2017/06/04 8:35 PM
    オオタ理工社懐かしいです。
    未だに高松に住んで居る者ですが、前を通る度に小学校が夏休みになると9時開店と同時にプラモデルや夏休みの工作を買ったり、ゲームをしに行ってたのを今でも思い出します。
    オオタ理工社は私の憩いの場でもあり思い出の場所でしたよ。
    Comment by 讃岐人 @ 2017/08/03 5:03 PM
    昨年冬の記事だったのですが、未だにコメント頂けるということで、嬉しく思います。
    私の居た模型店も小学校の近くでしたが
    放課後に子供たちが集まる憩いの?場でした。
    今はこのようなお店は無くなりました。
    昨今のお子さんは、大人になった時、どのような思い出を
    持つのでしょうか。少々気になります。
    Comment by 管理人 @ 2017/08/05 10:52 PM
    コメントする









    このページの先頭へ